読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namuiru's diary

自分の思考を整理しておくためのブログ。普通からずれていることは理解している。たまには良い事を書いているかもしれない。

歌詞についてうんぬん

雑記

私には音楽のセンスがない.

楽器の演奏も歌うのもまるで駄目,作詩作曲なんてしたことがない.

というか曲についての基本的な知識すらない.

以下の内容を簡単に言えば

そんな人間がある歌の詞に難癖をつけるというものです.

不快に感じる人はご覧にならないことをお勧めします.

ちなみに作者に迷惑がかかる可能性が100%否定しきれないので,特定できないように歌詞の引用では微妙に改変しています.

 

 

先に記しておきますが,私の言いたいことは,

かっこよさそうなフレーズを連ねただけの,テーマもストーリーもよくわからない歌詞が嫌いだ.

曲の風情に心情を載せた,ある種率直な語りの歌詞や

言葉言葉に存在理由が明確で,難しいながらも咀嚼すると味が出る歌詞が好き

という個人的な趣味の主張?です.

 

あるところで,非常に高く評価されている曲があったので,聴いた.

作ったのはおそらくアマチュアの方であろうが,歌は上手いし,曲はかっこよかった.

しかし歌詞が気に入らない.

作者の名誉のためにということで,具体的には伏せますが,テーマは桜と恋.

作者によると「浮足立つ心と生命の躍動を表現」したそうだ.

まずこのコメントの「浮足立つ」という誤用が個人的に残念で仕方ない.

そして,躍動感も曲からは十分に感じ取れるが,歌詞からは感じられない.

歌詞を転載していないので,説得力はないが.

 

さて,曲調は琴か何かを使用して和風な雰囲気を出しつつ

基本はギターとドラムががっつりなアップテンポ.

しかしサビから歌詞の出だしは

「春の言葉は儚げ」である.曲が全く儚げでないのだが,それはいいのだろうか.

それに続いて,「心をつづって風に乗せる」である.

しかし後のCメロ部分では「言葉にできず,涙こらえる」となっている.

さっき乗せたのではなかったか.

ちなみにサビでまたもや風に乗せている.個人的に,似た言葉が繰り返されるのはあまり好きではない.

 

「花は風に吹き落とされ 雪のごとく白に染める」

花と書いてあるが,タイトルが桜でなので,花=桜で間違いない.

となると,雪のごとくはまだしも,白く染めるのは大問題である.

比喩や概念なんだからいいだろうという考え方もできるが,

他の箇所で「桜色」とか,「桜の空」とかあるので,ここで白という表現は良くないはずだ.

 

歌詞の最終ブロックでは,「桜に乗せた心,高く飛べ」とある.

私の思想からして,桜は散り落ちるものであり,上の歌詞でも同様の表現がある.

そこに乗せた心に高く飛べと願うのは無理というものだ.これもまた矛盾.

 

細かいことだが

とにかく似た表現が連続して出てくる箇所が非常に多いことや

視覚的な表現ばかりであったのに,歌詞の一番最後に突然「春の香りを乗せて」と出てくることもしっくりこない.

歌詞は最初から最後までこれでもかというほど,思いを乗せまくっているのだが,

なぜかCメロだけ「言葉にできず 涙こらえる 抑えられずに 月の夜を駆ける」になっている.

なぜいきなり泣きそうな場面に変わったのか,流れが繋がっていない.

すでに述べた通り歌詞が繋がっていないので,当然ではあるが.

 

 

以上,私の偏った融通の利かない感性を元に,ケチをつけた.

断っておくと,私はこの作者に恨みがあるわけではない.

普段からプロの曲を含め,色々と個人的な不満を募らせていたが

たまたまこの曲を聞いた時に,その思いが爆発してしまった.

 

芸術を何も知らない人間が言えたことではないが

曲がかっこいいからといって,歌詞を度外視したり

個々の詞にかっこいい言葉を使って,歌詞のテーマに矛盾したり

やけに浮いていたり,存在理由がないような文言を含みまくっている曲が

あまりにも多すぎるのではないだろうか.