読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namuiru's diary

自分の思考を整理しておくためのブログ。普通からずれていることは理解している。たまには良い事を書いているかもしれない。

ストーカー

Yahoo!ニュース - 村田兆治氏、面識のなかった健さんから引退試合の日に花束 (サンケイスポーツ)

 

このエピソードが、とても気持ち悪いと感じた私は異端なのだろうか。

見知らぬ人に住所を調べられ、突然家に押しかけてこられるなんて、たまったものじゃない。

たとえ有名人だろうと関係ない。天皇陛下とか大統領ぐらいなら別だが。

百歩譲ったとしても、不器用でシャイな人の、いじらしい振る舞いに思える。

これが感動的だとか格好いいだとか受け取られる理由が、どうしても分からない。

 

 

 

 

私のひねくれた本心を書くと、この行為には憤りさえ感じる。

野球選手のファンは大勢いる。会えるものなら会いたい、感謝を伝えられるなら伝えたい、と思っているファンもいることだろう。

しかし皆が皆そういうことをすれば迷惑になる。

だから会いたいなら球場に行くとか、イベントに参加するとかするのだ。

なのに高倉氏は、マナーを破った。

当時は今と風習が違う、といった反論もあるだろうが、他の人が同様のことをした形跡がないのだから、当時でも通じるマナーであろう。

 

それに、引退試合後の自宅なのだから、愛する家族とこれまでの人生、これからの人生を見つめ直す、大切でデリケートな時間を過ごしていると考えるべきであろう。

もしくは、魂を賭けた一日を終え、疲れ果てて休息しているかもしれない。

何にせよ、アポ無しで押し掛けるとしても当日は遠慮するものではないか。

彼は自分のエゴのために邪魔をしに行ったのだ。幸いにして留守であったようだが。

 

これは僻みと取られるかもしれないが、有名人という特権?をこんなところに利用したことも、腹立たしさの原因だ。

高倉氏は、花に名前を書いて放置した。

帰宅を待ったわけでも、後日出直したわけでもない。

後で電話を入れたらしいが、自分ではなくマネージャーと書いてある。

自分は有名人だから、名前を書いておけば大丈夫。あとでマネージャーに電話させれば大丈夫。

おそらく意識していないだろうが、そういう特権を利用している。

有名人の特権を利用したければ、自身を引退試合の来賓にねじ込む、イベントに呼ぶなどの手段もあったはずだ。

 

このニュースの前半から察するに、この話は故人を偲ぶ美談という扱いだろう。

私にとっては、極めて身勝手で傲慢な人物像を想起させ、イメージを損なう醜聞でしかない。

高倉氏に対する怒りではない。こんな話を喜んで持ち上げる世間が許せない。