読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namuiru's diary

自分の思考を整理しておくためのブログ。普通からずれていることは理解している。たまには良い事を書いているかもしれない。

~で死ねれば本望,なのか

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130709-00000008-pseven-ent

父・猿翁を舞台に立たせた香川照之に「見世物にして」と非難

 

歌舞伎はよくわからんし,好みではないが

病で衰弱している大御所が,息子の共演したいという望みに応え

無理を押して舞台に立ったとか.

それで,弱った猿翁さんを見たくなかったと批判が一部であったとのこと.

 

上のサイトで記事を読んだ人のコメントの中に

「舞台で生きたものは舞台で死ぬのが本望。それをわからん記者は生き方自体をわかってない。」

というものがあった.

こういう考え方はよく見るし,多くの人が共感している印象がある.

 

登山家は山で死んでも本望だとか,武士は戦死こそ本望だとか

色々と言われているけれども

皆が皆そうだとは思えないし,そうであるはずがない.

船乗り本人が,「俺は海で死にたいんじゃ!」って言うのは構わないし,その気概は尊敬に値する.

しかし,そんなことを一言も言っていない人に対して,外野の人間が

「あの人は海で死ねて本望だった」

と言って勝手に美談(?)にするのは腹が立つ.

山が大好きで登山をしているけれども,死ぬ時は家族に囲まれていたい人もいるし

病気ながら無理して舞台に立ちはしたが,まだ余力があるとの計算した上での行動かもしれない.

いつもひたすら仕事に打ち込み,生き甲斐としていたが,年を取ったら仕事をすっぱりやめて,第二の人生を送りたいと願っていた人もいる.(私の叔父とか)

そもそも,死ぬことがどうしようもなく怖い人だっているはず(私です).

 

偉大な役者であろうと冒険者であろうと政治家であろうと

家に帰れば普通の人間だし,未練やしがらみは無数にある.

まだまだ生きて,楽しいことをしたいし,愛する人と一緒の時間を過ごしたいだろう.

悔いを残して死んだかもしれない人を,他者が安易に本望という言葉で説明してほしくない.