読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

namuiru's diary

自分の思考を整理しておくためのブログ。普通からずれていることは理解している。たまには良い事を書いているかもしれない。

科学と宗教

思事

おそらく至る所で語りつくされているであろう問題に言及してみる.

動機はもちろん,家に勧誘が来たからだ.今日だけで2つも.

 

私は科学を信頼している.そして私は宗教が大嫌いだ.

こんなことを言うと宗教家に目の敵にされる.

科学を信仰するのも宗教だとか,科学は人の心を幸福にできないとか,原発事故によって科学は否定されたとか,よく分からないことを言われる.

 

私が理解できないのは当然である.

科学と宗教は本質的に違うものであり,比較することができないからだ.

にもかかわらず,何かと両者は対比されることが多いように思う.

そこで改めて,科学と宗教の本質的な違いを3つ述べる.

 

1. 流動性

宗教にとって,神や預言者や,創始者は絶対的な存在である.

彼らの言ったことは不変の真理であり,変えてはならない.

一方科学では,新たな発見をするたびにページが増えてゆく.

教えに矛盾することが起きた場合,宗教はそれでも教義を変えてはならない(ころころ教義を変えるヘタレ宗教ごときはここでは無視する).

逆に科学には,矛盾がなくなるように変化し適応する義務がある.

 

2. 再現性

民が渇いたとき,神はモーセに命じ,岩を叩いて水を噴き出させ,彼らを救った.

今も世界のあちこちで渇いて死ぬ人は大勢いるのに,同じように水を出せる人は現れない.

蛇口はひねれば水が出る.聖人でも悪人でもサルでも私でも,ひねれば水が出る.

 

どんな心の清らかな人でも,恐ろしい病にかかることがある.

多くの悪事を働き,人の恨みを買おうとも,至って健康な人もいる.

しかし,凶悪なウイルスを注射すれば誰でも病気になる.

 

3. 統一性

宗教は色々ある.キリスト教イスラム教,仏教に始まり,数えればきりがない.

各々独自に神や教義を持っており,根本から相異なっている.

それだけでなく,同じ神や経典を信じながら,宗派が分かれているものも多い.

科学は基本的に統一されている.テーマによっては意見の分かれているものもあるが,大部分は共有されている.

 

もちろん宗教も,理想としているのは統一だ.そのためにはどうするか.

地道な勧誘で信者を増やすこともしてきた.

だが無宗教の相手ならばともかく,他の宗教に属する人間を鞍替えさせるのは容易ではない.

感化は不可能だと判断し,それでもなお統一を目指すとき,武力によって相手を消し去るという手段が取られる.

これまで幾度もの戦争が引き起こされてきたし,まさに今も起きている.

 

科学において理論が対立した場合はどうするか.

やはり統一させようとするが,その手段は,意見を戦わせることだ.

同じく戦いではあるが,生命に危害は一切およばない.

 

何より素晴らしいのは,議論するためにそれぞれの派閥の人間が,それも往々にして代表格や重鎮が,交流することだ.

手紙やメールにとどまらず,学会などで一同に会することもある.

国境や人種に縛られず,対等な立場で,握手の距離で会話するのだ.

対立が殺し合いを生む宗教と,対立が交流を生む科学.

科学を好み,宗教を嫌う理由はこれだけで充分だろう.